ヴィッツハイブリッド値引き

ヴィッツハイブリッド値引きを最大限に引き出すには?

 

ヴィッツハイブリッド値引きを最大化して購入してください♪ヴィッツハイブリッド値引きを最大化しよう

 

ヴィッツはトヨタが発売する1.3〜1.5リッタークラスのコンパクトカーです。
このヴィッツにこの度ハイブリッドモデルが加わり、数あるコンパクトカーの選択の幅がより広がったと言えます。

 

ヴィッツのような1.3〜1.5リッターのエンジンのみで駆動するコンパクトカーは、他社からも色々と発売されています。
燃費性能こそハイブリッドカーには及びませんが、日本の交通事情に合ったサイズ感に加えて、新車価格の安さと、整備のしやすさなどから近年人気を博しています。

 

元々購入しやすい価格に抑えられているコンパクトカーですが、このトヨタヴィッツのハイブリッドモデルはどれくらいの値引きを受けることができるのでしょうか?

 

ヴィッツハイブリッドの値引きを最大化する方法について、下にまとめていますので参考になさってください!

 

 

ヴィッツハイブリッド値引きのライバル車は?

ヴィッツハイブリッド値引きのライバル車

 

ヴィッツハイブリッド値引きする際のライバル車を考えてみましょう。

 

コンパクトカーでハイブリッドという車はトヨタのアクアを初め、他社からも発売されています。
まずその筆頭とも言えるのが、ホンダのフィット・ハイブリッドです。
このフィットハイブリッドもヴィッツハイブリッドと同様に、従来のフィットのモデルチェンジの際にハイブリッドモデルを追加する形で登場しました。

 

ヴィッツハイブリッド値引きのライバル(ホンダ)

ヴィッツハイブリッド値引きのライバル(ホンダ)を考えてみましょう。

 

ホンダのヴィッツハイブリッドの値引きのライバルとなるのが、フィットハイブリッドです。 

ヴィッツハイブリッドのライバルはフィットハイブリッド

 

ホンダが採用しているハイブリッドシステムはトヨタとは違う方式で、モーターだけで走行することはほとんど考えず、エンジン動作時の補助的な意味合いが強いハイブリッドシステムになっています。
この方式ではハイブリッドシステム自体にそれほど大きな空間を必要としない為、トヨタ車よりハイブリッド化した際に必要になるスペースが少なくて済みます。

 

ほぼ常にエンジンが動いていることから、燃費性能はアクアのリッター当たり約37キロと比べると、フィットハイブリッドは約30キロに留まっています。
しかしながら、フィットハイブリッドは登場時からガソリン車モデルそのままの室内空間を確保しており、アクアが登場した後も人気が衰えなかったのはその為だと考えることができます。

 

このことから、燃費性能も大切ですが、車内空間の広さもハイブリッドのコンパクトカーを選ぶ際の重要な基準になっていると言うことができそうです。
ヴィッツハイブリッドは車内空間を確保したことで重くなってしまった為に燃費はリッター当たり34.4キロとなっており、アクアの約37キロには及びませんが、その比較的広い車内空間で勝負というタイプになりそうです。

 

ヴィッツハイブリッド値引きのライバル(日産)

ヴィッツハイブリッド値引きのライバル(日産)について考えてみます!

 

日産のノートe-POWERもヴィッツハイブリッドの値引きのライバル車になります。

ヴィッツハイブリッドのライバルはノートe-POWER

 

ノートe-POWERは量産車では世界で初めてのシリーズ式ハイブリッドというシステムを採用しており、燃料としてガソリンを給油しますが、それを発電機だけに使用し、走行はモーターの動力だけで行う新しいタイプの電気自動車です。
燃費もリッター当たり約34キロと、それまでのハイブリッドカーに勝るとも劣りません。

 

 

ヴィッツハイブリッドとは多少タイプが違う車の為、直接の値引きのライバル車という訳ではありませんが、ヴィッツハイブリッド、フィットハイブリッド、ノートe-POWERの3車種はどれも価格帯や燃費が変わらないことから値引きをするための競合車種だと言っていいでしょう。

 

更にトヨタのアクアも加え、4車種のライバル車でヴィッツハイブリッド値引きの競合させましょう♪

 

ヴィッツハイブリッド値引きを受けるには?

ヴィッツハイブリッドの値引き方法 

ヴィッツハイブリッド値引きを受ける方法を考えましょう♪

 

ヴィッツハイブリッドをディーラーから新車で購入する際にできるだけ値引きを受けるには、やはり上記のような競合車種との値引き額の比較を利用する方法が一番です。

 

ノートe-POWERはそのシステムの斬新さも手伝って、発売からすぐに大人気になりました。
その為に値引きを受けるのはどの車より難しいと言えるかも知れません。

 

実質的にはフィットハイブリッドとアクア VS ヴィッツハイブリッドの値引き比較になると考えてください。

 

アクアはこれまでに挙げてきたように、まずトヨタ車同士であることと、燃費を優先するか車内空間の確保かというタイプの違いから、特に争う必要はありません。

ヴィッツハイブリッドを値引きする上での直接のライバル車は、他社の車でほとんどタイプが一緒のホンダのフィットハイブリッドになります。

 

ヴィッツハイブリッドの値引きをフィットハイブリッドの見積もりを利用して、少しでも大きく値引きを引き出しましょう♪

 

後から色々な競合車種が出てきたこともあり、フィットハイブリッドは現在ではそれなりの値引きを受けることができる車種です。
フィットハイブリッドは車両価格だけで約15万円、オプション装備も含めると20万円近くの値引きを受けられることもありますが、もちろんこれがそのままヴィッツハイブリッドの値引きにも当てはまる訳ではありません。

 

ヴィッツハイブリッドの値引き額は登場したばかりということから、現在では車両価格で約10万円の値引き各種のオプションも合わせて15万円弱の値引きが限界です。

 

ヴィッツハイブリッドの値引きは少ないですね。
値引きが少なくてもヴィッツハイブリッドを安く購入する方法があります!

 

ヴィッツハイブリッド値引き額が少なくても安く購入するには?

ヴィッツハイブリッドは値引きが少ないけど安く購入する方法

 

ヴィッツハイブリッド値引き額が少ないですが、安く購入する方法がありますよ♪

 

ヴィッツハイブリッドは値引き額に限界があるだけに、それ以上に安く手に入れるには、乗り換えとなる車がある場合、それをできるだけ高く売却するしかありません。

 

ヴィッツハイブリッドの値引きが少なくても安く購入するためには、ディーラーの下取りは利用せず、中古車業者に販売することをおすすめします。

 

ディーラーで下取りした車は、全てを中古車としてディーラーで販売するわけではなく、中古車業者へ売ることも多くあります。
その為、ディーラーは下取り車を高額で買取ることができないのです。

 

ですから、ヴィッツハイブリッドへ乗り換える車がある場合には、ディーラーで下取りさせるのではなく、中古車業者で売却する方が高く売れます!

 

現在ではネットで簡単に情報を得ることができるので、実際に中古車業者を回るような必要はありません。
中古車一括査定サイトという便利なサイトがありますので、少しでも高く売却できる業者を探してください!

 

ヴィッツハイブリッドは値引きが少ないですが、乗り換える車を高く売ることでその分を補って、ヴィッツハイブリッドをなるべく安く購入してくださいね♪

 

⇒おすすめ中古車一括査定サイト


 

 

ヴィッツは不遇の車種だったけどハイブリッドで・・・

 

トヨタのヴィッツは、このハイブリッドモデルが登場するまではコンパクトカーとして競合の多い車種でした。
ざっと挙げてみても、ホンダのフィットやスズキのスイフト、そしてマツダのデミオなど、ライバル車にはこと欠きません。

ヴィッツハイブリッド運転席

 

その中でもヴィッツは今までに2度モデルチェンジを行っていますが、それほど健闘していた車種という訳でもなく、むしろ苦戦していたと言っていいでしょう。
これは販売台数からも分かることで、前述の色々なライバル車の方が人気だったのは間違いありません。

 

その一番の理由は、トヨタにはあのプリウスがラインナップされていたからです。
燃費性能を求めるのであれば、そちらを選択した方がいいのは明らかです。
新車価格こそコンパクトカーより高くなりますが、その後の維持費を考えると、長く乗れば逆転するといった理由で、トヨタのヴィッツよりハイブリッドカーのプリウスの方を選択してしまう人も多かったのです。

 

また、コンパクトカーを求める人は他社の車を選択したり、トヨタではその後にハイブリッドカーでありながらコンパクトカーサイズのアクアが登場したことから、このヴィッツは人気の1.3〜1.5リッタークラスの車でありながら、不遇の車種になってしまいました。

 

ヴィッツハイブリッドになって生まれ変わった

 

ヴィッツハイブリッドは、ヴィッツの3度目のモデルチェンジと共に新型のヴィッツとなって登場しました。
このモデルチェンジによって、全モデルで今までより60センチほど全長が長くなっており、車内空間の広さを確保した上でハイブリッド化したモデルだと言うことができます。

ヴィッツハイブリッドフロントマスク

 

トヨタでは、既にアクアというハイブリッドのコンパクトカーをラインナップしています。
ヴィッツハイブリッドに使われているハイブリッドシステムはこのアクアのものを採用しているので、正直なところ、ヴィッツハイブリッドとアクアはそれほど変わるものではありません。
ですが、アクアはプリウスをそのまま1回り小さくしたイメージなので、お世辞にも車内空間が広いとは言えないのに対して、このヴィッツハイブリッドは全長を長くしたことで、アクアを上回る車内空間を確保しています。

 

ハイブリッドシステムを採用すると、車内空間はどうしても狭くなってしまいます。
それは、ハイブリッドシステムに必要なモーターや専用のバッテリー、それらの駆動システムを車体に組み込まなくてはならない為で、プリウスはその見掛けの割には車内空間は狭いと言えます。
それを小さくしたアクアは更に狭いのは言うまでもありません。

 

ヴィッツハイブリッドは従来のモデルより全長を長くすることで、車内空間は従来通りに確保した上でハイブリッド化したと言っていいでしょう。
ここがアクアと差別化できるポイントで、ハイブリッドのコンパクトカーを選ぶ際に、燃費性能が良ければ車内空間はそれほど意識しない場合はアクアの方を、充分な車内空間も大切だと考える場合はヴィッツハイブリッドをという選択ができるようになったのです。